弊社では、イノベーションを促進させるサービスを提供している企業をはじめ、若手や海外クリエイターの紹介を行っています。坂井直樹の独自の視点や人脈を活かし、イノベーティブなマッチングを実現しています。

今回ご紹介する会社は、2017年2月より営業支援を開始したStylus社です。弊社は、電通でイノベーションリサーチや未来戦略を研究している廣田周作氏と協力して当サービスを紹介しております。

ワールドワイドな調査力で経営戦略支援
Stylus社は、イノベーションに関する調査・助言により、企業の未来戦略・新規事業などの経営戦略をサポートするアドバイザリーファームです。弊社は、電通でイノベーションリサーチや未来戦略を研究している廣田周作氏と協力して2017 年2月より当サービスを紹介する営業支援を開始しております。
Stylus社は、2009年英国ロンドンで設立され、現在世界中で500社以上、日本でも30社以上のクライアントを獲得。「アドバイザリーチームの専門知」と「領域横断的な情報ネットワーク」を武器に業界の垣根を超えてイノベーション・アイデアを提供しています。

企業の事情に合わせ情報提供と助言
事業は大きく分けて下記の3領域です。
■リサーチ: 20以上の業界のイノベーション事例・230以上のカンファレンス情報を、年間300のレポートに収めて配信しています。(メンバーシップ制オンラインサービス)
■コンテンツ:毎月オンラインでWebセミナー、年2回イノベーション・フォーラムを開催しています。
■ コンサルティング:メンバーシップ参加企業限定で_各課題に即したアドバイザリーレポートを作成します。

未来へのインサイトを獲得する試みも
2017年上半期のイノベーション・フォーラムのテーマは「new Rules of Luxury(ラグジュアリーの新ルール)」でした。「希少性」や「エクスクルーシブ」という言葉の定義が変化しつつある時代に伴って、「ラグジュアリー」という言葉を再定義する必要が出てきたことは言うまでもありません。
新しい世代(ミレニアル世代やZ世代)の信頼を勝ち取るために必要なこととは?ステータスやブランドイメージを損なうことなく、いかにリーチを拡大できるか?ラグジュアリーブランドの新たなビジネスチャンスとは?超富裕層とは誰か?
ラグジュアリーの未来について掘り下げながら、そんな問いに対する解を導き出し、企業へ提案しました。
インサイトはイノベーションの起爆剤です。莫大な情報の中からいかにして未来の視点をキャッチするかが重要だと弊社は考えます。